そら豆の旬の時期はいつ?季節や産地、美味しいレシピもご紹介!

そら豆 旬 時期の画像旬の食べ物

そら豆の旬の時期をご存知ですか?ビールやお酒のつまみにぴったりのそら豆ですが、1年のうちの決まった時期でしか、美味しく食べることができません。このページでは、そら豆の由来や、旬の季節、産地やそら豆のオススメのレシピ(食べ方)をご紹介しています。

そら豆とは?

そら豆は、マメ科ソラマメ属で6大食用豆(ソラマメ、ダイズ、ラッカセイ、エンドウマメ、インゲンマメ、ヒヨコマメ)の1つとされています。

そら豆の由来

そら豆は、新石器時代のイスラエルの遺跡からも発見されています。そして、4000年以上前から、チグリスユーフラテス河やエジプトで食べられていました。日本には、奈良時代に入ってきたとされています。そら豆という名前は、実が空に向かって実のるところからきているそうです。

そら豆の特徴

そら豆の原産地は、地中海性南アジアだと言われています。マメ科のそら豆は、一年草や越年草で、約50cmの高さまで成長して、3月から4月頃になると、3cmくらいの薄紫色の花弁に黒斑のある白い花を咲かせます。収穫は5月頃で、長さが10から30cmの鞘に3個ほどの種が入っています。

そら豆の旬の時期、季節はいつ?

そら豆は、代表的な初夏の食べ物です。しかし、そら豆は春野菜として、スーパーなどに置かれていますよね。そら豆をビニールハウスなどで育てている場合もありますが、自然な気候の状況で育てている時は大抵、秋に種蒔きをして、春に花が咲き、5月に収穫という流れになっています。なので、そら豆の旬の時期は、5月から6月ということになります。

そら豆の旬を7月に迎えるのは北海道などの関東以北

そら豆の旬も、まるで桜前線のように北上していきます。7月頃ですと、青森や秋田、北海道などの寒冷地あたりが旬を迎えます。

そら豆の旬|産地について

そら豆は、春頃から普通に買えるので、全国各地で作られているイメージですが、どこの地域で多く作られているのでしょうか。

そら豆の旬・産地は鹿児島が一番!

鹿児島県は、そら豆の全国の生産量の25%以上を占めています。国内最大のそら豆生産地は鹿児島なんですね。

そら豆冬の旬も鹿児島産

鹿児島県は温暖な気候のため、収穫時期が早く、1月などの冬の間からそら豆の出荷が始まっています。なので、鹿児島県産のそら豆であれば、冬に出回っているそら豆でも新鮮なので、安心して食べることができます。

そら豆の旬や産地 千葉・茨城・愛媛

千葉県や茨城県、愛媛県も、鹿児島県に次ぐそら豆の産地として有名です。そら豆の主な旬の時期とされている5月~6月には、これらの地域のそら豆を選ぶと間違いないですね!

そら豆は旬の時期は値段が安い

そら豆は、なるべく旬の時期4月から6月に購入したいですね。旬の間ですと、鹿児島県産を始め、各地からそら豆が収穫されますので、安く手に入ります。

そら豆の旬の時期を外すと値段が高騰

そら豆は旬の時期を過ぎると、あまり出回らなくなるので値段が高騰します。1月から3月に出荷される鹿児島県産のそら豆は、新鮮なので値段が高くても買う価値がありますが、8月~12月に店頭に置かれるそら豆は、新鮮でない上に値段も高いので注意が必要です。

そら豆の旬の時期|品種の紹介

そら豆の品種には、大きく分けて2つあります。特徴が大きく違っていますので面白いですね!

そら豆の品種~大粒種~

大粒主は、そら豆の中で最もポピュラーで、粒の大きさが外寸約3cmであることから、「一寸そら豆 」と言われています。その中でもオススメの品種といえば、「仁徳一寸」と「三連」というものがあります。仁徳一寸は、豆の色がとても鮮やかな濃い緑色をしていて、茹で上がりの色がとても美しいので、料理に華やかな色を添えることができます。「三連」は、ボリュームがあり、 1莢に豆が3つも 入っています。 たくさん育つのも特徴で、栽培しやすいという面もあります。

そら豆の品種~長莢種(ちょうきょうしゅ)~

長莢種は、その細長い莢に粒が6~7粒入っているタイプで、日本では四国地方に古くから栽培されてきました。そして、ヨーロッパの地中海沿岸地方でも広く栽培されており、イタリアではワインのおつまみとして、生のまま食べられたりしています。おすすめは、「福ならび」と言われる品種です。 背丈が低くて、栽培がわりと簡単なことから、初期の段階で 着莢されます。 未熟豆は生で食べれるので、そのままサラダに入れたりすると、そら豆の香り豊かな味を楽しむことができます。

そら豆旬の時期の栄養素とは?

旬のそら豆には、栄養がいっぱい含まれています。是非、旬の時期には食べておきたいですね!そら豆の代表的な栄養素をご紹介します。

そら豆の栄養① ビタミンB

そら豆の栄養素の中で、特筆すべき点はビタミンB郡がたくさん含まれていることです。

ビタミンB1

  • 炭水化物などの糖質を分解しエネルギーに換える
  • 疲労回復
  • ダイエット効果

ビタミンB2

  • タンパク質や脂質をエネルギーに換える働き
  • 疲労回復
  • ダイエット効果
  • 皮膚や髪の毛、爪の成長を促進
  • 血管の老化や酸化を防ぐ
  • 白髪やシミ・シワなどの老化防止効果

そら豆の栄養② 亜鉛

  • 肌荒れ防止・改善
肌荒れの原因の1つに、亜鉛不足が挙げられます。その亜鉛が、そら豆にはたくさん入っていて、豆類の中でも群を抜いています。女性だけでなく、男性にも肌荒れ改善としてオススメです。

そら豆の栄養③ カリウム

  • 体内の余分な水分や塩分を外へ出す働き
  • むくみの解消
  • 高血圧の改善

そら豆の栄養④ 食物繊維

  • 腸内の老廃物を体外へ出す働き
  • 便秘の解消
  • むくみの解消

そら豆の栄養⑤ マグネシウム・リン・鉄分

  • 血圧を調整
  • ストレス緩和
  • イライラの解消

そら豆のレシピ|美味しい旬の時期に食べたい食べ方

そら豆のレシピとして、色々なレパートリーがありますが、シンプルな食べ方が一番おいしいのではないかと思います。そら豆本来の味をダイレクトに味わいたいですね!

旬のそら豆を生で食べる

新鮮なそら豆であれば、生で食べることができます。新鮮ならではの食べ方ですね!獲れたてのそら豆が手に入ったら試してみたいものです。

旬のそら豆を塩で茹でるだけ

この食べ方が、一番おいしいのではないかと思います。そら豆特有の味が楽しめます。お酒のつまみとしても喜ばれますね。簡単で素早く食卓に出せるのでオススメです。

旬のそら豆を焼く・炒める

そら豆をサヤのまま、魚を焼くグリルやフライパンなどで焼きます。表面に焦げ目がつくまで焼き、中からそら豆を取り出します。そら豆の旨味が凝縮された一品です。その他に、油やバターをフライパンにひいて炒めるのも、とても美味しいです。

そら豆の旬の時期・レシピ まとめ

いかがでしたでしょうか。

そら豆は、鹿児島県が最大の生産地です。旬の4月~5月には、鹿児島県以外の地域のそら豆も出回りますので、季節の食べ物として楽しみたいですね!

タイトルとURLをコピーしました